RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

ライバルからのコンタクトを認めたイスコだが、「バルサになんて行きたくない!」

screenshot

レアル・マドリーと契約を2022年まで更新したスペイン代表MFイスコは、バルセロナからコンタクトがあったことを認めました。『マルカ』など、スペイン各紙が報じています。

現地時間15日に契約延長のサインを行った後の記者会見で、記者たちの質問に答えたイスコはバルセロナからのコンタクトを認めましたが、全く耳をかさなかったと語りました。

イスコは「バルセロナからコンタクトがあったよ。でもそれを聞く事はなかった。自分の考えは常にここ(マドリー)で成功することだし、バルセロナへ行くことなんて有り得なかった。全く後悔していない」とマドリーでレギュラーの地位を確立し、たくさんのタイトルを勝ち取りたいと語りました。

バルセロナのプランとしては、マドリーがイスコの放出交渉の席につくことはないであろうし、移籍金も高額なことから、イスコには契約金と好条件の内容の契約を約束し本人には契約が切れる来年6月30日まで待ってもらいフリーで獲得するというものでした。

この方法は、昨季まで監督であったルイス・エンリケ氏が96年にマドリーからバルセロナへ移籍した経緯と全く同じなんですが、この禁断の移籍の実現はイスコの固い意志により実現しませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です