RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

レアルと契約延長のマルセロ、今までで最悪の瞬間は…?

screenshot

レアル・マドリーと契約を延長したブラジル代表DFマルセロ。34歳までプレーすることになるクラブについて「これ以上偉大なクラブはない」と語りました。『マルカ』などスペイン各紙が伝えています。

先日2020年までクラブとの契約延長を発表したマルセロ。現地時間14日に行われた契約書へのサイン後に行われた記者会見で、「レアル・マドリーの歴史の中に入れて非常に誇らしいと」気持ちを語りました。

2006年にマドリーに加入したマルセロですが、その後もコンスタントに戦力としてプレーすることでクラブの偉大さを知ったと語っています。

「レアル・マドリーはテレビのニュースでしか知らなかった。しかしここに来たときにレアル・マドリーの精神というものを教えられたよ。レアル・マドリードが世界の子供たちに対して行っている事はとても素晴らしい。このクラブはとても偉大だよ」

しかしマルセロも一度レンタルとしてクラブを離れる可能性があったようで「1番悲しかったのはクラブから自分をレンタルで放出すると電話がかかってきたときだね。本当に最悪の瞬間だった。でもそこで最高の自分を出すことができたんだ」と当時を振り返っていました。

いろんなことを聞かれていますが、敵・味方として最高の選手は誰かと聞かれ、レアル・マドリーやブラジル代表のチームメイトであったロナウド氏やルード・ファン・ニステルローイ氏、クラブでは敵、ブラジル代表では味方だったロナウジーニョ氏などの名前を挙げましたが、味方として最高の選手はチームメイトのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロラウド。敵としてはパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールの名前をあげました。

さらに今までの監督について問われ現在のジネディーヌ・ジダン監督と1番理解があるそうで、マルセロもジダン監督のチームを一つにまとめるリーダーシップを評価していました。

マルセロは、これからの目標はブラジル代表としてワールドカップを優勝することだと言っている。そうですが果たして引退するまでに実現できるでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です