RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

未成年移籍問題で今度はFIFAがスペインサッカー協会に制裁!果たして中井くんはどうなる?

screenshot

*写真は『ムンド・デポルティーボ』から。

過去にはバルセロナがFIFAから選手登録禁止の制裁を受け、現在はレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーへの同じ制裁が決定している(マドリーはスポーツ調停裁判所へ上告しましたが、アトレティコは上告せず制裁を受け入れ)未成年移籍問題ですが、今度はスペインサッカー協会(RFEF)が罰金の制裁を受けるようです。

バルセロナ下部組織に所属していた日本人の久保建英くんが公式戦に出場することができずFC東京へ移籍したことで日本でも注目された問題ですが、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によると、FIFAは18歳以下の選手移籍・登録の規定に違反したとしてRFEF自体に制裁を加えるようです。

FIFAからの公式声明によると、RFEFには外国人の未成年選手の移籍・登録に関する状況を改善するため6ヶ月の猶予を与えるとし、22万スイスフラン(約2300万円)の罰金刑があるようです。

どうやらFIFAはマドリーとアトレティコのケースを調査したことで、調査の手をRFEFにまで伸ばしたようです。FIFA的にRFEFはマドリーとアトレティコの未成年選手の移籍・登録を知ってたでしょってことみたいです。

外国人の未成年選手の移籍・登録に関する状況を改善するため6ヶ月の猶予ってありますが、マドリー下部組織に所属する中井卓大くんはどうなるんでしょうね。ここで改善することでやっぱり公式戦に出れなくなっちゃうんですかね。

なんにしても、彼らには悪いけど移籍は真っ黒の中に一点だけ白い部分があったってくらいアウトだったからね。選手の登録や移籍に関する部分の責任者のサッカー協会関係者と友達だからいろいろ話を聞けるのが大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です