RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

ジダン監督の国王杯の前日記者会見。聞かれるのはCロナについて「彼については心配してない」

*ビデオは『アス』から。

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が国王杯(コパ・デル・レイ)のクルトゥラル・レオネサ戦の前日記者会見で記者さんたちの質問に答えました。スペイン各紙が伝えてます。

マドリーは国王杯といえば過去に格下と見られてたアルコルコンからアルコルコナッソと呼ばれる大逆転を喫したり、昨季は出場資格のない選手を出場させて失格したり、結構失態を晒してる大会です。

いろんな質問をされてますが、国王杯の初戦となる試合についてジダン監督は「期待してるね。我々はこの大会の重要性を理解しており、優勝するため全力を尽くすだけだ。選手たちもね」と語りました。

ローテーションはあるのかと問われたジダン監督は「どうかな…この大会では選手を16人しか連れていけない(リーグ戦は18人まで)。だから何人かはマドリーにとどまることになるよ」としました。

ゴールがなく不調と言われているエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて問われたジダン監督は「彼に1試合で2、3ゴール決めてほしいけど、心配してないよ。なぜなら状況は変わるからね。チャンスで決めれてないけど、重要なのはそのチャンスを得ることだ。そのうち決めるよ」と語り、「彼とはそれ(不調)以外のことは話してないよ。外で言われてることはどうでもいいからね。自分たちのことしか考えないよ。外のことは制御できないしコメントのしようがないからね。外で言われてるたくさんのことは対応しても仕方ないし、我々はグラウンドの中のことに集中するだけだ」としました。

Cロナに向けられたブーイングについてジダン監督は「理解できないね。でも同時に理解することができる。なぜなら自分もブーイングされたからね。こういうことは起こるんだ。ベルナベウのファンは特別で要求が高いんだ。クリスティアーノはこんな状況に慣れているし、心配してないよ。重要なのは自分たちの仕事を続けていくだけだ」としました。

他にもシステム変更についてやサブなどについて聞かれてますが、この辺で。

クルトゥラル・レオネサの強化部長に電話して選手の売り込みしたことを思い出します。そこで『もしも』が起こってたら、マドリー相手にプレーしてたのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です