RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

「ゴールへの焦りはないよ」と語るバルサ、アルカーセルですがポロッと本音も…

wikipedia

*写真は『Wikipedia』から。

今季バレンシアからバルセロナに移籍してきたFWパコ・アルカーセルですが、まだバルセロナのユニフォームを着てのゴールがありません。それでもまだ焦ってないとバルセロナで『Futbol Emotion』のプロモーションに出演し語りました。『マルカ』などのスペイン各紙が伝えてます。

ホームで4-0で勝利したリーグ戦第8節デポルティーボ・ラコルーニャ戦で45分からウルグアイ代表FWルイス・スアレスと交代し出場したアルカーセルは3度のゴールチャンスがありながらもゴールならずでした。

本人はゴールへのプレッシャーは全く感じてないそうで「心配もしてないし、焦ってもいないよ。バルセロナというチームで自分の周りのチームメイトを見れば、チャンスは望まなくてもやってくるよ。全く期待してなかった時にゴールっていうのはやってくるんだ。FWのゴールラッシュなんてそんなものだよ」と語りました。

しかしパキート・アルカーセルは本音も漏らしてます。

素直に言えば、できるだけ早くゴールを決めたい。FWはゴールしてナンボだからね。チームをできるだけ手助けしたいし、ゴールを決めたい。FWはいいプレーをしようと、いくらスペースを作って味方をサポートしようと、ゴールを決めなければグラウンドから満足して去れないよ。もし次の試合でゴールできるならベストだね

 アルカーセルはやっぱりFWはゴールで評価されると考えてるようで「我々はそう考えてるよ。人々が批判するのは自由だ。それが建設的でさらに改善できるような批判なら大歓迎だ」としました。

ルイス・スアレスから言葉もかけられてるみたいですが、やっぱりアルカーセルにはプレッシャーはあると思いますけどね。

*ビデオは『マルカ』から。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です