RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

バルサは早くもビダルを見切り?バレンシアDF獲得に使われる可能性大

screenshot

*写真は『ムンド・デポルティーボ』から。

バルセロナのルイス・エンリケ監督から戦力として計算されていないDFアレイス・ビダルですが、バレンシアの右サイドバック獲得の代償として使われる可能性が高いみたいだとスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じてます。

アレイス・ビダルは昨季セビージャから入団したんですが、FIFAから課せられた未成年移籍規定に違反した罰則により2016年1月まで公式戦に出場できませんでした。今季、ユヴェントスへ移籍したブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスの穴を埋める活躍が期待されていたんですが、ルイス・エンリケ監督はスペイン代表MFセルジ・ロベルトを優先的に右サイドバックで使っており、セルジ・ロベルトも右サイドバックで台頭。アレイス・ビダルはここ最近6試合では公式戦のメンバー入りすらしていません。戦力として計算されてないのは明らかです。

彼がカンセロ。*写真は『Wikipedia』から。

そこでバルセロナはバレンシアのポルトガル代表DFジョアン・カンセロを追ってるみたいです。22歳のカンセロは2014年にベンフィカからバレンシアにレンタル移籍して、2015年には移籍金1500万ユーロ(約17億円)の6年契約でバレンシアに正式移籍。今まで公式戦52試合に出場し2ゴールの成績をあげてます。

ビダルはカンセロ獲得の移籍金の値下げを狙うためオペレーションに組み込まれる可能性は高いみたいで、過去にはFWダヴィース・ビジャ、今季はMFアンドレ・ゴメス、FWパコ・アルカーセル、FWムニール・エル・ハッダディなどの選手がバルセロナとバレンシア間でやり取りしてるわけで、この二つの関係は良いはずなんでひょっとしたら実現するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です