RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

試合開始当初とインテンシティが鍵!エイバル戦も引き分けたレアル、ジダン監督は「危機的状況ではない」

screenshot

*写真は『マルカ』から。

リーグ戦第7節エイバル戦後にメディアに対応したレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督。試合は4試合連続引き分けとなり、『マルカ』や『アス』などのスペイン各紙は「危機的状況ではないが、このまま続けていくことはできない」や「何かが起こっており、解決策を見つけなければならない」などの見出しで伝えてます。

現地時間2日にMF乾貴士が所属しているエイバルと対戦したマドリーは、1ゴール先制されてすぐに追いつきましたが追加点を奪えず引き分けで試合を終えました。これでチャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムンド戦を含み4試合連続で引き分け。連勝記録とか言ってたのに、気がつけば4試合白星がない状態です。

試合後にメディアに対応したジダン監督は試合について問われて「試合開始から最初の方は悪かった。前半、相手に好きなようにやらせてしまったが、後半は良かった。ここ最近、試合の入りが非常悪い。相手が強みにしているセンタリングから開始5分で失点。後半が良かったのが幸いだし、フィジカル的にも問題ない。選手たちはそれぞれの国の代表に行くが、私はこのチームの責任者だ。この状況を変えるための解決策を見つけなければならない」と語りました。

さらに危機的状況かと聞かれジダン監督は「危機的状況ではない。まだ10月だ。引き分け4試合、特にリーグ戦の3つ。(順位表で)先を走っていれば厳しいことだ。でもまだ冷静さを失ってはいけない。たださらに頑張って努力をしていき、さらに以前行っていたように試合開始からインテンシティがなければならない」と、不調というわけではないとしました。

チームの状態について問われたジダン監督は「試合開始からのインテンシティが足らないんだ。試合に勝つために、それぞれ選手ひとりひとりのインテンシティが十分ではないんだ。失点しエイバルみたいに良い守備をされたら難しいよ。問題は試合開始当初なんだ…練習でもっとインテンシティを入れるべきかもね。代表ウィークを挟み、選手達が戻ってきた時にこの状態を変えなければならない。このまま続けていくことはできないからね」としました。

最悪な瞬間かと聞かれたジダン監督は「満足してないってのは明らかだよ。リーグ戦で3つ目の大したことない結果だからね、これはかなり悪いことだよ。でも個人的に難しい状況ではない。集中を切らすことなく進めていく。この状況を乗り越えるのに素晴らしいグループがあるからね。他に解決法はないんだ…(代表ウィークで)選手達が10日間おらず、彼らが戻ってきた時にフィジカル的だけでなく戦術的にも全力で取り組まなければならない。ひとりやふたりだけの仕事じゃない。チーム全体、選手全員で取り組まなければならない」と語りました。

とりあえずベンゼマやヴァランなど選手についての質問もされてますが、試合開始当初がまずい、そしてインテンシティが足らないって繰り返してるジダン監督。これ、どうなんでしょうね。試合を見比べてみないとわかんない気がします。

なんにしても乾って全く試合に出場しないようになってますよね。なんだか今季は厳しそうな戦いが待ってる気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です