RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

レアル、ジダン監督の前日記者会見、各紙見出しは「イスコが好き」

screenshot

*写真は『アス』から。

現地時間10月2日に行われるリーグ戦第7節でMF乾貴士が所属するエイバル戦を戦うレアル・マドリーですが、ジネディーヌ・ジダン監督が前日記者会見で記者さんたちの質問に答えてます。『マルカ』や『アス』のスペイン各紙がそれぞれ「イスコ好き。明日プレーするよ」、「最初から最後まで勝ちにこだわらにゃ」って見出しで伝えてます。まず相手であるエイバルについて聞かれたジダン監督は「自分たちがどこから来たのか知ってるし、毎試合のように強く試合に入らなければならない。相手はこっちから勝点1でも奪おうと必死になるだろうし、難しい試合になるだろう。でも自分たちがやることにしか興味はない。勝つためにすべてのことをやり、勝点3を獲得すること以外頭にないよ」と答えました。

3試合連続の引き分けの分析を求められたジダン監督は「最後の2試合で2失点した。これはしばらく起こってなかったことだ。まだ負けてないってことを前提に試合は分析する。今やらなければならないのは再び勝つことだ。常に勝利したい。大事なのは最初から最後まで全力を尽くすこと。ここ最後の2試合での失点については心配してないよ」と語りました。

さらにポゼッションが減ったことに対してジダン監督は「ドルトムントの試合でポゼッションが下がってると思う。いつもボールを大事にしたいと思うが、ポゼッションは勝利を約束するわけではない。望むのはチャンスを作ることであり、もっとそのチャンスをものにすることだ。もっとチャンスをものにしておくべきだった。その流れを変えなければならない」とあんまり気にしてないとしました。

さらに監督の仕事が十分評価されてない、つまりは批判があることに対してジダン監督は「これがマドリーなんだ。トップであり、仕方ないんだ。自分はそれを理解しているが、自分に興味があるのは解決策を探すことであり、なぜラス・パルマス戦で集中力が続かなかったか、なぜドルトムントでは違ったかの理由だ。チャンピオンズリーグを優勝してようと、もし明日良い試合をしなかったら、何が起こるか理解しているよ。自分がどこにいるのかよく知っている」と、置かれた立場は理解してるとしました。

このほかに代表ウィークで出て行く選手のことたちや、もちろん各選手についても聞かれてます。クリロナ、ベンゼマ、コエントラン、クロース、でもやっぱりスペインではイスコがきになるようで、イスコについてジダン監督は「明日プレーするよ。調子が良いからね。そして重要な選手だからだ。あまり出場していなくても代表に選出されたということは、その価値があるということ。自分はイスコが好きだよ」と、語ってます。なんだかんだイスコってグティ的なポジションに収まりそうな気がする。

*ビデオは『マルカ』から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です