RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

「スペイン?イングランドの方が上よ!」クロップ監督がスペインのレベルを非難!海外の反応は?

screenshot

*写真は『マルカ』から。

リバプールのユルゲン・クロップ監督がイギリス紙『デイリー・メール』へのインタビューでプレミア・リーグは世界で一番厳しいリーグだと語ったのをスペイン各紙が報じてます。

クロップ監督は「プレミアリーグは常にものすぐ厳しい。スペインとの大きな違いは、バルセロナはリーグ戦の試合の半分以上をBチームで戦うことができる」と語り、 アルゼンチン代表リオネル・メッシを例に出して「メッシが4.3キロしか走らないで5ゴールとったりする試合もある。 ただのフィジカルリカバリーになっている。それはイングランドでは絶対に起こらない」とスペインとイングランドの違いについて語ったようです。 でもクロップ監督は全員で監督したことないんですけどね。

クロップ監督はプレミアリーグがスペインリーグより上の理由をその競争力と戦いであるとし、プレミアリーグでは選手たちが気を抜ける試合など1つもないと語りました。

海外の反応は

「クロップが言うことは本当だと思う。バルセロナやレアル・マドリーはほとんどの試合で歩きながらでも勝ってしまう。でも、ユベントスやバイエルン、パリ・サンジェルマンはそれぞれのリーグでおんなじことやっていないのか?強力なチームが多くて、バランスが取れてるのはプレミアリーグだ。偶然にもこいつはオレたち(スペイン)しか非難してないみたいだ。ヨーロッパでいつもオレたちに負けるのに疲れたみたいだね…」

「彼のリバプールがオレたち(スペイン)のリーグで何位に終わるか見てみないとね。ヨーロッパリーグ圏内に入るかも怪しいよ」

「バルセロナとマドリーはプレミアでサブでもタイトル取れると思うよ…そんでオレもプレミアのレベルを非難するよ。もう前みたいなんじゃない」

「バランスの取れたリーグかも知れないが、中堅のチームがほとんどだ。近年のヨーロッパでの成績を見てみれば、ドイツ、イタリア、スペインと違ってイングランド勢は全滅だった」

「だからセビージャっていう中堅のチームがクロップのリバプールを破ってUEFA(現ヨーロッパカップの前身ね)に優勝してたんだな」

「こいつ自身もブンデスリーガでドルトムントの監督してたときドルトムントのBチームでリーグの3/4をプレーできてたろ。そんときは不満のひとつも漏らさなかったくせに」

「興味深いことにクロップには全く同意できない。スペインリーグにはヨーロッパでも競争力を発揮できるチームがキッチンもある。確かに数チームは金銭的に厳しいかもしれないが、リバプールがスペインではチャンピオンズリーグ圏内にも入れないってことに賭けるよ」

「バーセルではっきりわかったよ。彼のプレミアのチームはバーゼルに圧勝したかもしれないが、セビージャとの対戦では…」

「まぁいくつかは本当のことかもしれない。が、ヨーロッパでスペインのチームとイングランドのチームが対戦したらイングランドのチームは跡形もない。これがほんとのことだ。彼らにはお金があるかもしれない。しかしサッカーはここ(スペイン)にある…」

「プレミアのレベルは哀れなもんだよ。どうしたもんかね。 イングランドのチームはヨーロッパでは全く競争力がないよ。ヨーロッパリーグではリバプールは決勝まで進んだが、チャンピオンズリーグではロシアやウクライナのチームの方が彼らより競争与えるけどね。これが現実だ」

「 そうそうスペインリーグは一番ゆるいリーグかもね。でも俺たちがヨーロッパに行くとスペインのチームはここ数年、いやここ10年ベスト4、さらに決勝ではスペインのチーム同士だったりする…ヨーロッパリーグではスペインのチームがチャンピオンでありスペインの決勝があったりした…俺はプレミアが レベルのゆるいと思わない。 でも島から出ても、ほとんどの場合でまた戻ることになる 」

「イングランドって、41億ユーロも金使っといて、一番良い選手が35歳のイブラヒモビッチってリーグだろ?」

「 マジでウィガンもしくはそのようなチーム、さらにレスターでもオレたち(スペイン)のリーグで競争力を発揮できると思うのか? どういうわけかここ3年のチャンピオンズはスペインのチームが優勝してるし、6回のうち5回はスペインのチームが決勝に進んでいる。それはオレたちのリーグが全く競争力がないから…あ!ヨーロッパリーグのこと忘れていたよ!」

「 確かにバルセロナはBチームでプレーすることもできるよ。でもそれはなぜならスペインではほかの国と違って17歳から25歳の子供たちにサッカーを教える専門家がたくさんいるからだ。 飯が全く走らないって言ってるけどそれは長い距離を走らなくても相手のペナルティーエリアに到達することができるチームがあるからだ。 イングランドでクロップはボールを追い回してゴールをするかもしれないが、ここスペインでオレたちはパスやタッチを使うんだ…そういえば俺はマドリーファンだよ」

「 間違いじゃないかもしれないね。でも50パーセントっていうのは大げさすぎだよ。でもね聞きたいのはバルサはプレミアではおんなじことをしないとでも思っているのかってことだよ。オレはそれにはっきりとした答えを持っている。マドリーもバルセロナも世界的に見て怪物たちが詰まってるチームでありリーグは関係ない。 この2チームに始めるのはバイエルンだけだよ。この3チームはほかのチームよりかなり上を行っているね。そしてついに着くのが夕べだと思う。でもイングランド人は全くだ。これは個人的な見解だけどね 」

「 こいつがスペインリーグのレベルは悪いっていうなら、他のリーグはどうなっちゃうんだろうね。スペインリーグから常に誰かがチャンピオンズリーグもしくはヨーロッパリーグの決勝までいってるのに。セビージャはヨーロッパリーグを優勝しバルサとマドリーそしてアトレティコも決勝まで進んでいる…スペインのチームがイングランドのチームと対戦するたび常にスペインが勝つ。これだけで彼の発言がおかしいのがわかるよ 」

「 こいつが言ってることにあんまり同意できないね。チョロに質問してみたらいいよ。彼のチームが昇格組と対戦したリーグ開幕戦と次の試合を歩きながら勝ったかってね。もしくはマドリーやバルサが前の週末のリーグ戦の試合に簡単に勝ったかってね。 イングランドのチームは選手を獲得することに熱心になっているがサッカーは全くプレーしない。多分たくさんあるお金を使ってほかのチームの選手たちを見てどうやって獲得するかを考えるのに時間を使っていて、練習を全くしてないしないんだろうね。彼らはほんとにひどいからね。 騙そうとしないで欲しいよ」

「 アトレティコ、セビージャ、ビジャレアル、アスレティックがプレミアにいたらこいつのリバプールより上位にいるよ。マドリー、バルサがほかのレベルにいるってことはリーグをリーグのレベルを落とすじゃなくて、ただ単にバランスが彼らとは違うだけ」

ま、海外の反応っていうより、スペインの反応になってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です