RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

2試合連続で引き分けのアトレティ、シメオネ監督は日本代表と同じジレンマに陥る?

Diego_Simeone_-_01

*写真は『Wikipedia』から。

開幕戦に続きリーグ戦第2節レガネス戦も引き分けたアトレティコ・マドリー(Atlético de Madrid)ですが、試合後に会見に応じたディエゴ・シメオネ(Diego Simeone)監督はチャンスを作ってもゴールできないことが問題だと語りました。『マルカ』や『アス』などのスペイン各紙が伝えてます。

2試合連続で引き分けに終わったアトレティに何が足らないかと問われたシメオネ監督は、「正確さが足らない。だから試合に勝てないんだ。作ったチャンスをものにすること。サッカーはゴールだ。試合ではたくさんのチャンスを作った。しかしサイコロの目は常に裏が出た。なぜこうなったか考え改善しなければならない」と語りました。

チャンスを作るもゴールを決められないことでチームに焦りが出るのではないかと問われシメオネ監督は「焦りがあるのは最後の部分(ゴール)を実現できないから。チームは自身の価値を証明したがってる。選手たちには満足だよ。試合に勝つにはゴールチャンスを作り出し、相手のゴールチャンスを作らせてはならない。試合ではそうなったが、最後の部分がうまくいかなかった」と語りました。

なんだか日本代表のことを言われてるみたいですね。チャンスは作るけどゴールできないって。

そしてこのシメオネ監督の「サッカーはゴールだ」って言葉は、非常に深いもんがあります。アトレティのサッカーを「ゴールするつもりのないサッカーで退屈」って言ってたコーチングライセンススクールの生徒/友人がいます。それについてちょっとした討論になったんですが、シメオネ監督の言葉を聞いて思い出しました。結局何が言いたいかって、シメオネ監督の策士ぶりはすごいってことです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です