RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

劇的同点ゴールのS・ラモス「勝つにに相応しかった」、海外の反応は?

レアル・マドリー(Real Madrid)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがUEFAスーパーカップ、セビージャ戦に会見して「正しい結果となった」とか色々語ってます。

『マルカ』『アス』などスペイン各紙が報じてますが、清武もフル出場したセビージャ戦でマドリーは試合終了間際の93分のセルヒオ・ラモスの劇的ゴールで延長突入。その後、また延長終了間際の逆転ゴールで見事スーパーカップに優勝しました。

「決勝男だね」と言われたセルヒオ・ラモスは「マドリーのDNAは”勝利”だけじゃないんだ。最後まで戦わなきゃならない。常に最高を出さないといけないんだよ。マドリーってやつはそれをさせるんだ。だからいつも終了間際にでもゴール決めちゃうんだよ」って、楽しそうに語ってました。うん、好きそうだもんこういうの。

そしてセルヒオ・ラモスは「個人的にすごく満足してるよ。PKを与えちゃったけど、前に進んで試合をひっくり返すために戦わなきゃならなかった。同点ゴール決める幸運があったけど、チームはこのスーパーカップを手に入れるのにふさわしいと思うよ」と語ってますが、反応はと言うと

「君のゴールは多分セビージャファンによりもアルゼンチン人やバルサファンの方が痛かったと思うよ」

「ラモスのはハーバード大学で研究してもいいと思う。マドリーの”決して諦めない”という信念を持つ男だ。審判はまあまあだったけど、マドリーにPK吹いたし、ゴールは取り消された。アンチどもはこれでも買収だって叫ぶんだろうけどね」

「アセンシオは最高だ!それにまだ20歳だし、ハメスやイスコより上になるよ」

「 『もし11人の相手と延長を戦ってたら勝ってなかっただろうね(バルサよく言われること)』 他のチームが10人相手に試合したら文句言うくせに、11人なら問題なしかよ」
「その他のチームはシーズンの25%の試合で相手が10人になるんだよ。マドリーにはシーズン中に2回か3回あるくらいだ。違いがわかったか?」
「お前がどうして勝ったか負けたかわかるんだよ。関係なく勝ってたよ、それがマドリーだ!マドリー万歳!」

「バロンドールだ」

「この男がFWならモラタよりいいと思うよ。そうすりゃ彼のDFでのポカもなくなるし」

なんにしても、やっぱりモラタが愛されてる(逆の意味で)のは間違いないみたいですね。

*ビデオは『マルカ』から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です