RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

ネイマールがレアルオファー拒否の理由を語る!現地の反応は「いや、つか知ってる…」?

バルセロナ(Barcelona)のブラジル代表FWネイマール(Neymar)がなんでレアル・マドリー(Real Madrid)のオファーを過去に断ったか告白してますね。フランスの『レキップ・マガジン』の情報を『マルカ』などのスペイン各紙が伝えてます。

ネイマールは2005年にマドリーからの初めてのオファーを断ってます。理由についてネイマールは「13歳だったんだ。ヨーロッパに渡ったのは初めてだったし、ブラジルかオファーら遠く離れて暮らす自信がなかった。環境を変える時じゃないと感じたんだ」として「急いでなかった」とインタビューで語ってます。

「自分の家族と一緒にした決断だ。あの時はたくさんの若いブラジル人の選手がヨーロッパに渡っていたけど、自分はブラジルに残る決断をした。幸せでいてプロ選手になるのが最優先だった。そのあとヨーロッパに行こうと思ってたよ」とネイマール。

ま、ネイマールはこのあとにもマドリーからのオファーを断ることになるんですが、現地の声は

「バルセロナはイビサのすぐ近くだもんな!!」

「違うよ、メッシとチームメイトになって毎年契約更新するためだろ?」

「んなもん前から言われてて知られてるじゃん」

「いや(マドリーが)6000万ユーロ払いたくないからだと思ってた」

「バルセロナは最高のプレーをするチームで、どっかみたいに審判買収とかCL抽選の裏操作とか汚いことばっかやってしか勝てないチームじゃないからさ」
↑「マドリーのタイトルなし期間を批判したかったんだろうけど、11番目にコメントしてるよ(マドリーの11度目のCL優勝にかけてる)」
↑「マドリーのタイトルなし期間を批判したかったんだろうけど、11番目にコメントしてるよ(マドリーの11度目のCL優勝にかけてる)」
*余談ですが、「Triplete=とぅりぷれて」がスペイン語で3冠を意味してますがそれを文字って「Nadaprete/s=なだぷれて」っていう造語、ネットスラングがあるみたいです。スペイン語で「nada=なーだ」は英語の「nothing=なっしんぐ」。ま、タイトル無しってことです。

「じゃあなんでテスト受けに来たのさ」

「マドリーの下部組織からの選手がどんだけいるか見てみればいい選択だったと思うよ」

「マドリーはネイマールに税金負担、さらにネイマールの親父に4000万ユーロなんて払いたくなかった。悪いやつらだ」

「ありがとうネイマール、それだけだ」

「来てくれなくてありがとう」

「バルサは世界最高のチームかなんか知らんけど、ここ3年でネイマールはCL1回、でもベイルは2回CL優勝してるよ」

「決断は家族と一緒に?(笑)それは当たり前だね。だって移籍金で1億ユーロ払って、その上お前のジジイに俺たちは4000万ユーロなんて払いたくなかったからね」

「近年ネイマールの身の回りに起こってることを見ると、本当に来てくれなくてありがとう」

ま、やっぱり昨季はチャンピオンズリーグまた優勝しましたし、マドリーファンにとってはネイマール?何それ?美味しいの?取らなくてよかったーって意見が多いのは当然でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です