RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

出場機会を求めるバルサGKがマンCからのオファーを手にオフィスに殴り込み!

screenshot
*写真は『ムンド・デポルティーボ』から。

バルセロナ(Barcelona)のドイツ代表マルク-アンドレ・テア・ステーゲン(Marc-André ter Stegen) が出場機会を求めてついにクラブにプレッシャーかけに動いたようです。

テア・ステーゲンはチャンピオンズリーグやカップ戦に出場し、チリ代表GKクラウディオ・ブラボ(Claudio Bravo)がリーグ戦に出場してる状態が耐えられん、もっと続けて出場したい!って結構前から希望してました。いや、普通だと思うんです。スペイン紙の『ムンド・デポルティーボ』や『アス』が報じてますが、それで現地時間2日の午前の練習後にクラブオフィスに代理人と一緒に現れました。もちろん届いたオファー、そのうちのひとつであるマンチェスター・シティ(Manchester City)からのオファーを手に。

クラブはテア・ステーゲン、っていうか日本のカタカナ表記にすると”シュテーゲン”なんですね。テア・シュテーゲンは放出リストに入ってないんですけど、本人は絶対的なレギュラーGKとしての出場を望んでるようで、ルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督の起用法と異なるため”移籍”っていう脅しをかけに行ったようです。

クラブ的には24歳のテア・シュテーゲンと33歳のブラボなら放出候補はブラボ。でもルイス・エンリケ監督は”横槍(圧力)”が嫌いみたいなんで、ひょっとすると契約解除金である4000万ユーロ(約46億円)を支払うクラブがあればテア・シュテーゲンの行方がわからなくなるかも…ですって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です