RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

リオ五輪で一番影響を受けるスペインクラブはどこ?そんなのあそこに決まってるじゃん!

Brazil_1970

*写真はWikipediaから。

さあ、もうすぐリオ五輪が開幕しますが、スペイン紙の『マルカ』がどのクラブが一番影響受けるか特集してます。

スペインのクラブからは9選手が各国代表として参加するようです。その中でも一番リオ五輪に選手を送り出してるのがバルセロナ(Barcelona)とアトレティコ・マドリー(Atlético de Madrid)。

バルセロナからはやっぱりブラジル代表のFWネイマール(Neymar)が一番ビッグネームですよね。でもネイマールは先日パーティー開いて批判の目を向けられてましたが。そして同じくブラジル代表のMFラフィーニャ(Rafinha)も参加してます。

アトレティコからはアルゼンチン代表としてFWアンヘル・コレア(Ángel Correa)と、獲得したばっかりだというGKアクセル・ウェルネル(Axel Werner)がリオ五輪に出場します。ウェルネルって1部のアトレティコ・ラファエラ(Atlético Rafaela)ってとこからこの夏にアトレティに移籍して、今季はポルトガル1部のリオ・アヴェ(Río Ave)にレンタル移籍だそうです。

スペイン1部のクラブだと、レアル・ソシエダ(Real Sociedad)とスポルティング・ヒホン(Sporting de Gijón)からも選手がリオ五輪に行くみたいです。

なんにしてもマラカナンスタジアムで行われる決勝戦は現地時間20日。もしブラジル代表が決勝まで進めば、ネイマールのバルセロナ合流は22日。リーグ開幕戦に間に合わないようです。

この中でやっぱり一番痛いのはバルセロナじゃないでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です