RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

「誰がアルゼンチンナンバー1?」史上最高なんてやっぱり生きてる時代によって変わるよっていうニュース

Sacchi

*写真はWIkipediaから。

あの”ゾーンプレス”で一世を風靡したアリゴ・サッキ(Arrigo Sacchi)氏が、アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』でインタビューに答え、アルゼンチン史上最高の選手は誰だ?という多分アルゼンチン国民がみんな考えてることを話しました。

サッキ氏にとってはアルゼンチンにはバルセロナ(Barcelona)のFWリオネル・メッシ(Lionel Messi)の前にアルフレド・ディ・ステファノ(Alfredo Di Stefano)氏、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏がいるそうです。サッキ氏は「マラドーナにはさらに才能があった。アルフレド(・ディ・ステファノ)はどのプレーにも顔を出した」って、メッシよりも偉大で唯一の選手たちだったって言ってます。

もう亡くなっちゃいましたが、友人が16歳でスペインでプロデビューした元選手でした。彼の初試合はレアル・マドリー戦でもちろんディ・ステファノとも対戦。その後も何度か対戦してて、今でも覚えてるのが「今はメッシだクリスティアーノ・ロナウドだって言ってるけど、ディ・ステファノの足元にも及ばん。あいつはなんでもできた。世界最高はマラドーナでもペレでもない」ってディ・ステファノが一番だって力説してたこと。

でも1980年代から1990年代前半までスペイン1部で主審を務めてた人は、「メッシだとか言ってるけど、マラドーナの方が全然すごかったよ」って語ってました。

何が言いたいかというと、結局その時代に生きた人間しかわかんないからあんまり史上最高とか決めるのが意味ないかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です