RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

人事過剰のバルサにダイエット。リストラだー!

Luis_Suarez

スペイン紙『アス』によると、バルセロナ(Barcelona)は選手過剰状態みたいですね。現在28選手がいるので、3選手削る必要があります。

バレンシア(Valencia)からポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(André Gomes)を獲得したので現在トップチームに籍を置く選手は28人。登録可能人数である25人にするため、バルセロナは”ダイエット”が必要なようです。

その”ダイエット”の対象となるのは、FWクリスティアン・テージョ(Cristian Tello)とDFマルティン・モントージャ(Martín Motoya)。もともとルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督から戦力外とされてましたし、テージョはフィオレンティーナ、モントージャはドイツのどっかのチームが興味示してるとか情報がありますし、移籍先のチームもそのうち見つかるでしょう。

そんで、もうひとりがバルセロナの失敗、移籍してきてからほとんど試合に出場してないDFドウグラス(Douglas)。ドウグラスはあと3年スペインで合法的に労働すれば市民権がもらえるためスペイン国内のクラブへの移籍を希望。なのでクルゼイロ(Cruzeiro)に行くのを拒否ったみたいで、クラブの頭を悩ませてるみたいです。まあ外国人からしたら欲しいよね、市民権。

あと、移籍が確実視されてるのは最近めっきり出番がなくなったDFアドリアーノ(Adriano)。ラツィオ移籍確実とか言われてましたが、結局話は流れました。でもチームから出て行くのは確実みたいなんで、席ひとつ開きます。

アトレティコ・マドリー(Atlético Madrid)からFWルシアーノ・ビエット(Luciano Vietto)の加入が確実なんて言われてますから、ビエット合わせてこれで25人なんですけど、普通は23人に抑えとくもんで、MFセルジ・サンペール(Sergi Samper)、DFトーマス・フェルメーレン(Thomas Vermaelen)、DFジェレミー・マテュー(Jérémy Mathieu)の3選手が放出候補に上がってます。

見てる方はあんまり感じないかもしれないけど、チーム人事って難しいよね。スペイン1部クラブのスポーツディレクターを数シーズン務めた友人は、「ほんの少しの情報で、時には情報が全くない状態でチームにとって大事な決断をせなあかんから、ほんましんどいでー」って言ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です