RSS

このページではサッカーニュースを載せていきます。基本的に情報はスペイン各紙が伝えたものを主観入りでこちらでまとめてます。記事の選択は、ノリとかそんな感じです。

「家来じゃないんだよ!さっさとUEFAに行け!」スペインサッカートップってどんなもん?

Wikipediaから

*写真はWikipediaから。

プロリーグと協会なんてスペインではあんまり仲の良い関係ではないんですが、スペインプロリーグ機構のハビエル・テバス(Javier Tebas)会長がスペインサッカー協会のアンヘル・マリーア・ビジャール(Ángel María Villar)会長に不満タラタラで噛み付いてますね。まあこのふたり自体があんま仲良くないみたいなんですが。

「あいつ(ビジャール)は私たちを家来だとでも思ってるんかね」ってテバス会長が発言したのを『マルカ』が伝えてます。これはビジャール会長がUEFAの会長に立候補してスペインサッカー協会の会長選のカレンダーがめちゃくちゃになったことに対してです。ビジャール会長がUEFA会長に選ばれると、自動的にスペインサッカー協会の会長との兼務は無理なんで辞任てことになるんです。でもUEFA会長に選ばれなかったら、スペインサッカー協会の会長選に立候補して当選したいから、あっち(UEFA)の結果がわかるまでこっち(スペインサッカー協会)は始めちゃやーよな状態なんです。

「あいつのエゴだよー、それにスペインでの協会会長選をあいつ(ビジャール)がUEFAの会長になるか不透明だから遅らすなんて違法だ」とはテバス会長。さらに続けて「前から言ってるけど封建的(こっちは民主主義の世界に生きてるんだよ!って言いたいんです)。あいつ(ビジャール)の好きなようにやってて、自分たちは従うとでも思ってるんだよ」って批判して、「他の立候補者見ると、ビジャール(が当選するの)は難しいね。そもそもスペインでもあいついらないのに、UEFAでもいらねーっての。でもね、こっち(スペイン)にいるよりあっち(UEFA)にいてくれた方がいいかな」ってコンボで締めくくってました。

テバス会長はスペインプロサッカー発展、特に経済面でかなり頑張ってるやり手なんで結構生暖かい目で見てます。生暖かいのはスペイン人らしく、おそらく裏で…っていう疑いがあるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です