J-ESP代表・コーディネーター/エージェント

home > J-ESPとは > J-ESP代表・コーディネーター/エージェント

J-ESP代表 伊藤大輔  FB-f-Logo__blue_72  Twitter_logo_blue

石川県生まれ、福井県育ち。
UEFA A コーチングライセンス
◇ 経歴
中学を卒業し15歳でスペインにサッカー留学。 モンタニェロスCFというチームのユースに所属。 18歳の時に先天的心臓疾患によりグラウンドで心配停止状態に陥るが、奇跡的に回復。ICD(植え込み型除細動器)の埋め込みを余儀なくされ、日本およびスペインで障害者認定を受けることとなり、サッカー選手としての道を断念。
ス ペインの高校を卒業後、語学専門学校でスペイン語を本格的に学び、ヨーロッパ言語共通参照枠最高ランクであるスペイン政府公認のC2レベル免許状を取得。 ヨーロッパ言語共通参照枠英語B2レベル免許状も所持(TOEICでいえば785レベル)。スペイン語DELE最上級も取得。外国語としてのスペイン語教師の資格、スペインサッカー協会、UEFA公認コーチングライセンスを所有。
スペイン語に精通する日本人として、ルノー · 日産での通訳勤務を経て翻訳業へ転身。 2005年から2008年までの約3年間、WOWOWのホームページにてスペインリーグの現地コラムを執筆する等、スペイン語-日本語 ⁄ 英語-日本語翻訳者としてフリーランスで多数の国際的な業務をこなす。(スペイン、イギリス、中国、日本等、多数の企業と取引実績あり)
そのかたわら、スペインにおける私生活でも、日本語教師として日本語を教える。さらにロックバンドのベーシストとして精力的に活動した。
スペインおよび欧州の文化、風土、社会、生活観についての深い知識と豊富な経験を持つ。